総則


1 象意に関する吉凶の判断

 ・吉星・5・9Lのアスペや在住が関連する部屋にある

 ・Lとカーラカの状態が良好(ケンドラトリコーナに在住,自室や高揚,吉星のアスペ)

だと強く,静的分析においてもダシャーにおいても良い意味がでる。

 ・凶星・ドシュタナLのアスペや在住が部屋にある

 ・Lの状態が悪い(ドシュタナ在住,減衰,敵対星座,コンバースト,惑星戦争,境界線上)

と弱く,悪い意味がでる。

 

ただし,D1,D9,D60を3:3:4の割合でチェックすべきである。

 

2 アルガラ

  その部屋からみて,2,4,11Hの星によって維持・促進される。吉星のアルガラだとよく,凶星であると短期的には良く長期的には悪い。特に,2Hが良いかどうかはチェックすべきである。8Hが良ければ結婚が長く続くし,11Hが良ければ仕事が長く続く。

 

 

 

1室 身体の部屋


・1室は,肉体的な身体,総合的な運勢を象徴する。

・2室と11室つまり財産と収入,4室母親によって維持される。これらの部屋や支配星が弱ければ,「体は強くても短命」ということになる。身体を象徴する,太陽と火星が強いとなおよい。

・逆に,1室は,12室を維持し,3室10室に影響を与える。身体が強くなくては解脱の修行や仕事の遂行をが覚束ないということである。

・1室は,12室つまり断食によって失われる。

・6,8,12Lや凶星が在住したり,パーパカルタリだったりすると,生涯,病気と付き合う可能性が高い。

・トリコーナだが,5室や9室ほどの吉意はもたない。

 

 

2室 資産の部屋


・資産,口や会話,顔,故郷を象徴する。

・12室つまり支出と3室つまり労働,5室知恵によって維持される。これらの部屋が弱ければ,資産はたまらない。

・1室身体を維持し,11室つまり収入や友人に良い影響を与え,4室つまり家や車,幸福を維持する。

・1室つまり身体の維持によって失われる。

・土星やケートゥがあると,寡黙になりやすい印象。

・2Lが10Hにあると,会話が仕事に絡む。

 

3室 兄弟,勇気の部屋


・兄弟や労働,腕,欲望を象徴。

・4室つまり資産や6室敵,1室身体によって維持される。

・資産を維持し,出産や学習,解脱をサポートする。

・金星があると芸術関係,火星があると格闘技関係をうたがう。

・7Lがあると浮気しやすい。

 

4室 母親,家や土地,車の部屋


・母親,家,車,土地,幸福,初等教育,呼吸器を象徴。初期の人生の基盤である。

・学習やマントラ,結婚,資産によって維持促進される。

 

 

・アフリクトされており,幼少期のダシャーもまずいと,家庭環境をうたがう。さらに,7,12が絡むと移住も疑う。

・アフリクトされていると,直接的だが,幸福を感じにくい。

・10Hが絡むと,不動産関係または無職を疑う。

 

5室 子供の部屋


・子供,学習,恋愛など再創造,知識,マントラ,心臓を象徴。

・労働,寿命や遺産によって維持促進される。

・資産,結婚を維持促進する。

・資産によって失われる。

 

・頭で考える方の思考力はここをみる。心情感情面は4室である。

・水星,水星からみた5室,5室によって,学習内容を把握する。

・木星,木星からみた5室,5室によって,子どもを把握する。

・ナディ的には,受胎能力は,金星と太陽にて確認する。

 

6室 病,障害,借金の部屋


・敵,病,障害,労働を象徴する。下腹部も象徴。

・結婚,巡礼や父親,資産によって促進される。

・子ども,労働,借金を維持する。

・子供や学習,マントラによって消滅する。

 

・ドシュタナではあるが,もっとも凶意が低い。ウパチャヤなので,凶星の在住が好ましい。また,8Lや12Lがあれば,借金や支出が障害されるので,好ましい。

 

・6Lがある部屋には,障害と病がもたらされる。

・6Hに在住している星及びその支配星の領域にも,病をうたがう。6H在住の星は12Hにアスペクトし,解脱への願いをもたらす。

・10Hと絡むと,医療関係者になることがある。